ビル・ゲイツが語る『日本が復興した理由』が話題に【海外の反応】

今回は、ビル・ゲイツ氏がご自身のフェイスブックに投稿したメッセージから。

早速ですが、以下がコメントの日本語訳です。

「マイクロソフトは設立当初から、海外の市場に進出する事を考えていました。

そして1986年、私たちは東京に初の海外オフォスを設立しました。

日本を選択したのは当然の事と思われるかもしれませんが、

当時の感覚では必ずしもそういうわけではありませんでした。

私たちがオフィスを作る数十年前、東京は戦争の影響で荒廃していたのです。

そこから日本はどうやって復活したのでしょうか。

アメリカや他の国からスマートな支援があったことが一番の理由でしょう。

MSの日本での経験は、今も続く大きなトレンドに生かされています。

かつてアメリカが支援し、自力でやっていけるように成長した国々で、

数多くのアメリカの企業がビジネスをしているのです」

上記のコメントと共に、西和彦さんとのツーショット写真が投稿されています。

日本が復興した主な理由は、米国など諸外国からの支援。

この意見に、様々な意見が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。


翻訳元

・ビル・ゲイツが礼儀正しく日本に喧嘩を売ってる。 +1 エジプト

・「スマートな支援」ってどう言うことなんだろ?

日本以外の国だってアメリカとかから支援されてるのに、

何で日本だけが先進国になることが出来たの? +3 スウェーデン

・日本が復興したのは、勤勉で偉大な日本国民のおかげだろうが。 インド

・「MADE IN JAPAN」が高品質の代名詞になった背景には、

W・エドワーズ・デミングの貢献がある事も忘れないで。 +3 アメリカ

・日本の復興って改めて考えると本当に凄い事だよな。 インド

・俺も日本が復興出来たのはアメリカの支援が大きいと思う。

トランプ大統領にも、アメリカがどんな事ができる国なのかを、

もう一度思い出してもらいたいところだ。 フィリピン

・日本が起こした奇跡はイエメンにとって唯一の希望。

彼らは悲劇的な戦争の被害から立ち上がったんだから! イエメン

・アメリカは日本の父だとでも言いたいのか? リビア

・典型的なアメリカのやり口だな。

1つの国を壊滅的にしておいて、経済的に”助ける”……。 カナダ

・ビル・ゲイツとカズヒコ・ニシはクールで最高!!!!

MSXこそ至高だ!!!! +6 ブラジル

・日本でマイクロソフトが強いのは、

日本とマイクロソフトの繋がりが強いからだったのか。 +39 ブラジル

・ヨークの国立鉄道博物館に飾られた新幹線を見た時のことを覚えてる。

戦争で大きな被害を受けてからわずか20年後に、

どうやってあんな偉業を成し遂げたのか理解出来なかったよ……。

鉄道自体の技術的・デザイン的な大成功は氷山の一角に過ぎない。

終戦から間もない時代にあのプロジェクトを実現したこと自体が凄すぎる。

本当に、現代の7不思議の1つだよ。 +58 イギリス

・当時の日本は模倣するのが上手だったからじゃないでしょうか。

今では物凄く独創的な国になったけれど。 アメリカ

・アメリカの支援のおかげとは一概には言えないと思うが。 ブラジル

・ビル・ゲイツは日本にオフィスを立ち上げた翌年に、

ビリオネアになることが出来たんだよね。 アフガニスタン

・ヨーロッパもマーシャルプランのおかげで復興した。

アフリカはいつになったら救われるの? スペイン語圏

・日本は自分たちの力で復興したんだよ。

日本人にはそれだけのポテンシャルがあったんだから。 フィリピン

・「スマートな支援プログラム」と言う表現はいいね。

今の日本と韓国があるのはアメリカのおかげだろう。

残念ながら、すべての国がスマートな支援を受けられるわけじゃない。

世の中には「支援」と「スマートな支援」の2つがある。 +3 ケニア

・戦前の日本は帝国で、中国をも支配するほど強大な国だった。

それだけの力があったんだから、そりゃ復興も早いよ。 ウガンダ

・何で日本は復興することが出来たのかって?

日本人が高いIQを持ってるからに決まってるだろ。 アメリカ

・アメリカは原爆を投下する必要なんてなかった。

もうすでに日本の敗けは決定的だったんだ。

アメリカの支援が日本を復興させたって?

支援が必要になるように自分たちが日本を追い込んだんだろ。

破壊しておいてアメリカの業者が再建する。

アメリカの経済の回し方そのものじゃないか。 +10 オーストラリア

・自分達の力で生き抜けるように、懸命に働いたからだよ。 南アフリカ

・理由はなんだろうと、あの荒廃から立ち上がったのは驚異的じゃない?

お互いに協力して平和のために前に進む。

それこそ人間が抱くべきスピリッツだと思うよ。 アメリカ

・なら何でずっと支援されてるアフリカは発展しないんだ? コンゴ

・海外からの支援なんて独裁者が長く支配してる国では無意味。

何故かって言ったら、独裁者が全部奪っていくから。

ウガンダは日本より前にアメリカから支援を受けてたけど、

それでも今でも独裁者が支配する遅れた国のまま。

日本が発展したのは民主主義を受け入れたからだ。 +22 ウガンダ

・日本は「希望」と言うタイトルの本なんだよ。

この本を読めば、荒廃から立ち直る術を学べる。 パキスタン

・日本製品の品質向上に貢献した人間の1人である、

・確かに支援金が賢く使われれば、国は豊かになる。

日本とドイツはその輝かしい見本だね。

両方、特にドイツはアメリカにお返しをしようとしてるけど!! アメリカ

・アメリカが破壊してアメリカが復興させたってことか。

そういうのを「新たな帝国主義」って言うんだよ。 インド

・日本が復興して経済大国になったのは、

誰がなんと言おうと資本主義のおかげだから。 アメリカ

・それならアフリカも発展してなきゃおかしくない? 国籍不明

・トウキョウ大空襲で10万人の命を奪っておきながら何を言う。 国籍不明

・アメリカさん、日本を支援してくれてありがとう。

だけど日本は君たちが破壊する前から豊かで、

自分たちの力だけで運営出来る国だったことをお忘れなく。

復興支援があろうがなかろうが、早晩日本は灰の中から復活してたさ。

俺はずっと日本人を尊敬してるんだ。 アフガニスタン

・アメリカは日本を徹底的に破壊したからね。

そういう意味では新しいトウキョウが出来たのは、

アメリカのおかげなのかもしれない。 アメリカ

・日独は戦後大きな支援を受けたけど、イギリスは……。 イギリス

・日本が工業分野で世界を圧倒するようになった背景には、

デミング氏の功績も大きいから知っておいたほうがいいよ。

残念ながらアメリカは彼のアイデアを生かせなかった。

「 If Japan can… Why can’t we?」

(日本にできて、なぜ我々にできないのか?)

というNBCのドキュメンタリーも観るべき。 +1 アメリカ

・もちろんアメリカの支援も少なからず貢献してるだろうけど、

日本が復興出来た一番の理由は日本人と、日本の堅固な社会のおかげ。

日本は歴史を通して失敗した経験が殆どない。 +3 アメリカ

・日本の偉業を、日本人の熱意に言及することなく語ってる事にガッカリだ。

ビジネスに対する鋭い洞察力と、成功を手に入れようという気力。

戦後日本が再び偉大な国に返り咲いたのはその2つのおかげだよ。

決してアメリカからの支援が理由じゃない。 +3 イギリス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    有色人種の国では何で日本だけ?って考察が欠けてるわ。
    だって米国が援助したのは日本だけじゃないし。

  2. 匿名 より:

    金額的には大して援助してもらってないのによくこんなことが言えるな
    ゲイツも所詮はアメリカ人か

  3. 小岩変電所 より:

    ビル・ゲイツ「スマートな、支援やで。大人の付き合い方や」

  4. 匿名 より:

    この辺は、結構難しいんだよねぇ
    昔の日本は職人の世界で「規格」とかシステム化ってのが致命傷だったからね
     MS-DOSからのマイクロソフトの創世記の動きからしてゲイツは技術者いうより詐欺師だからアメリカ人向けのパフォーマンスでしょ。

  5. 匿名 より:

    その通り。
    スマートなウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム

  6. 匿名 より:

    地政学的に見てアメリカはアカの防波堤として、日本をある程度技術とカネを注ぎ込んで強国にする必要がある、というのはシヴィライゼーションをやっていたから分かる

  7. 匿名 より:

    むしろ東京オリンピックの年まで賠償金払ってたって聞いたけど…

    支援といったって最初の最初のちょっとだけなんじゃないの?
    どのぐらいの支援があったのか記録はあるのかな
    ビル・ゲイツ洞察力無さ過ぎ がっかりだ

    • 匿名 より:

      日露戦争の戦費返済が終わったのは昭和61年だ。
      世界銀行から借りた新幹線の建設費用の返済が平成2年

      なお、この手の規模を返済してる国は日本以外ほぼない模様。

  8. 匿名 より:

    アメリカからのスマートな支援?w
    笑うところですかw
    戦後、アメリカの戦勝軍が日本に乗り込んで来てやったことは、日本の通貨の価値を一気に下げて(360分の1)、日本の国富を洗いざらい収奪することだったのだぜ。この時、日本の文化財や貴重品は、アメリカなど連合国によって捨て値同然で買いタタかれ、家宝を持ち去られた日本人はどこにも訴えることもできなかっのである。
    この時に日本が失った膨大な富は、戦勝国が日本からの「戦後賠償」に当てたのは普通に知られている。
    (現在、アメリカの博物館には、当時持ち去られた貴重な日本の文化財が山のように陳列されている)